Atelier TACTO>>Diary

カンバス/油彩+水干絵具

風に乗って
さあ、跳ぼう!


プラネタリアンに少し加筆。
画像では分かりにくいですが、金粉と粉末アルミニウムを使ってみました。

M4 カンバス/油彩・水干絵具

以前出会ったのとは別のプラネタリウムを見つけました
こちらのプラネタリウムにはちゃんとプラネタリアンがいるようです
彼女なら博士の行方について何か知っているでしょうか

カンバス 油彩+水干絵具

猫と月とホルン


この作品から本格的に水干絵具を使っています。
白以外はほとんど水干絵具を使いました。

M4 カンバス/油彩

大型の飛行帆船は迫力満点です

M10 カンバス 油彩

“フナサカ”とよばれるこの場所は
標高がかなり高く
すぐ傍が航路になっていて
目と鼻の先を様々な船が行き交います
ちょうど小型の飛行帆船がやってきました


日本の絵具の群青の鮮やかさに憧れて
作品に取り入れてみることにしました
本当は岩絵の具を使いたかったのですが高価なので
上手く扱えるようになるまでは水干絵具で試行錯誤です

ボード/油彩 12.5×9cm

なにか新しいことをしたかったのです。
あまり上手くはいっていない気がしますが…

ボード/油彩 12.7×8.9cm

ボード/油彩 17.8×12.7cm
1  2  3  4  5  6 




カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
サイトメニュー
Admin / Write