Atelier TACTO>>Diary
私の道具を紹介するこのシリーズ。連載にすると言いながら第一回から随分間があいてしまいました。今回は、絵を描く者としては当然触れておきたい絵具の話です。



 私が気に入って愛用している絵具は、ホルベインの”ヴェルネ”シリーズです。このシリーズの鮮やかな発色は感動モノです。しかも混色したり、ホワイトでのばしたりしても色が濁りにくいので重宝しています。私はパレット上での混色はほとんどせずにキャンバスの上で色をどんどん重ねて、さらにホワイトでおさえてパステル調に仕上げているのですが、ヴェルネだと白っぽくなりがちな明るい画面でも彩度が落ちないところが気に入っています。
このシリーズは絵具の伸びがとてもよく、少量でも十分な発色が得られ、むしろ少なめにしないと色が強すぎるぐらいです。高価な絵具ではありますが、使う量が少なく、減りがかなり遅いのでコストパフォーマンスも良いように感じています。

 とても気に入っているヴェルネシリーズですが、黄色だけはどうも納得のいく色がありませんでした。そこで、黄色だけは同じくホルベインの”油一"のニッケルコンプレックスイエローを使っています。これに出会うまでいろいろ試したせいで、黄色系の絵具ばかりやたら増えてしまいました。

 絵具を選ぶのは楽しく、お気に入りを見つけられると嬉しいものです。でもいつも思うのは、どんな絵具も自然の色にはかなわないということです。外を歩いているとよく「あの色が欲しい!」と思うことがあります。こんなふうに直接色を採れたらどんなにいいでしょう。
→ Comment
name title
url mail
comment                                  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
color pass
277  276  275  274  273  272  271  270  269  268  267 




カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイトメニュー
Admin / Write